レディ

さまざまな手術方法を知ろう|目の下のたるみを改善する

パソコンと筋肉の低下

カウンセリング

目のたるみとは高齢者になりやすいイメージがありますが、パソコンを利用する若者でも起こることが少なくありません。それを早く解決する方法の一つに美容整形による経結膜下脱脂法を利用する方法です。ダウンタイムを過ぎた2〜7日後ほどに効果を実感できます。

もっと読む

手術を受ける前に

医者

美容外科の名医を選ぶには、施術件数の他にも多くの施術方法を取り入れているクリニックを選ぶようにすると良いでしょう。目の下のたるみを取る方法は手術や照射、注射などがありますが、信頼できる執刀医なら患者の特徴から最も適した方法を提案してくれます。

もっと読む

様々な施術方法

目もと

手頃に受けられる方法

目の下のたるみを取って若い顔を取り戻すには、整形手術をする以外ないと考えがちですが、手術以外にも目の下のたるみを取る方法があります。レーザーを照射することによって、目の下のたるみを取ることができます。レーザーを皮膚に照射すると皮膚細胞が活性化して、コラーゲンの生成量が高まります。コラーゲンは皮膚のはりを作り出す成分のため、目元の緩みを改善してたるみをなくすことができます。一度の照射だけでは理想の目元にはなることが少ないですが、ダウンタイムが短く、1回の照射の価格は比較的安価です。ヒアルロン酸を目の下に注入する方法もあります。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する物質なので安全性が高く、注入直後に手術と同様すぐに効果が現れます。効果は短期間になってしまいますが、価格はお手頃です。

患者によって最適な施術

レーザー照射をしたり、ヒアルロン酸を注入したりと手術以外にもいくつか目の下のたるみを取る方法はありますが、やはり手術をすることによって半永久的に効果が続くことは魅力的です。近年では、切らずに切る手術と同程度の効果を得ることもできるようになりました。目の下のたるみは老化によって目の周りの筋肉が衰えて、眼窩脂肪が目の下に垂れさがることによって生じます。脂肪が下がってくることによって、目の下の皮膚もたるみ、シワが深く刻まれることもあります。眼窩脂肪を取り除くだけで対処できる場合にはレーザー照射やヒアルロン酸注射で対応することができますが、皮膚のたるみが大きい場合には、まぶたの裏を切開して皮膚を引き上げる手術をした方が良いこともあります。

額の肌をなめらかに

鏡を見る女性

眉間に力を入れると、肌が寄せ集められることでしわができます。これは、筋肉を縮みにくくするボツリヌス菌を使った治療で解消されます。しわの癖が肌についている場合は、ヒアルロン酸やポリアクリルアミドの注入で肌を押し上げると、なめらかな状態にすることができます。これらの治療は、同時に受けることも可能です。

もっと読む