手術を受ける前に|さまざまな手術方法を知ろう|目の下のたるみを改善する
女性たち

さまざまな手術方法を知ろう|目の下のたるみを改善する

手術を受ける前に

医者

精巧な技術が必要

顔の印象で実年齢よりも老けてみられていませんか。目の下のたるみを取る整形手術が近年では手軽に受けられるようになりましたが、施術してもらう美容外科医はいわゆる名医と呼ばれる医師に施術をしてもらうようにしてください。目の下のたるみを取る手術は、大きく分けると切らない手術と切る手術に分かれます。切らない手術であれば、どんな医師であっても仕上がりは変わらないと考えがちですが、顔の表情を決める、特に印象の強い目元部分は切っても、切らなくても精巧な技術力が必要です。そして、名医であれば、目の下のたるみの特徴によって、切るか切らないか、さらに切る場合でも多くの手術手法から最適な方法を選んで施術してもらうことができます。

執刀医を選ぶコツ

目の下のたるみを取る方法は手術の他にもレーザー照射やヒアルロン酸などを注射する方法があります。手術と他の方法を比較すると、手術の方が費用は高額になりがちですが、効果が高く、長期間持続する特徴があります。手術方法でも脂肪を抜く方法や脂肪を注入する方法、ハムラ法など様々あり、美容外科によってはひとつの方法が最適だとして、その方法しか実施しないこともあります。名医であれば、患者によって最適な方法を決めたり、組み合わせたりしてくれます。例えば目元に膨らみとくぼみが両方ある患者に対しては、ふくらみから脱脂してから、その脂肪を加工してくぼみに注入する方法を勧めてくれます。名医を見抜く方法としては、施術件数が多い事はもちろん、様々な方法を取り入れて目の下のたるみを取る施術を行っている美容外科を選ぶようにしてください。