パソコンと筋肉の低下|さまざまな手術方法を知ろう|目の下のたるみを改善する
女性たち

さまざまな手術方法を知ろう|目の下のたるみを改善する

パソコンと筋肉の低下

カウンセリング

若い世代でも起こりうる

目の下のたるみは老化によるものというイメージが強いですが、実は10代や20代でも目のたるみで悩まれているケースが増えています。つまり、老化だけが原因とは限りません。なぜ10代20代でできるかというと、その原因の一つはパソコンの長時間の利用によるところが大きいです。モニター画面を長時間見ていると瞬きする回数が減ってきます。そうなると目の周辺にある筋肉が衰えてしまい皮膚を支える力が落ちてしまい、そこに脂肪が溜まっていくのです。それがたるみとして現れてしまうのです。そのため、目のたるみを防止するためにも、パソコンを利用するときも、定期的に目を休めることが大切となります。では、すでに出来てしまったたるみはどうするのでしょう。

経結膜下脱脂法で解決

一度たるみが出来てしまうと自然に治すのは難しいです。すぐに解決したいのならば美容整形の力を借りるのが一番早いといえます。もしも、筋肉の低下により脂肪が蓄積した結果起こるたるみの場合ならば、美容整形では経結膜下脱脂法を利用するのが一般的です。これは結膜(眼球と瞼の間)から脂肪を取り除く手術法となります。この人体への負担が小さく、施術時間が短いのもメリットと言えますが、やはり最大のメリットはすぐに効果を得ることができることです。2〜7日間ほどのダウンタイムを経ることで、原因となる脂肪を取り除き目の下からたるみをなくしてしまうことができます。美容整形では多く利用されてる方法なので、最寄りの美容整形クリニックに相談してみると良いでしょう。